トップへ » 当院の診療方針 » 痛くない虫歯治療 » できるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療これまでの虫歯治療では、感染した部分を大きく削り、薬を詰める治療が行われてきました。また、深い虫歯になりますと、神経にも感染している可能性があるため、神経を取り除かなければなりませんでした。

当クリニックでは、できるだけ削らない治療を基本としております。大きめの虫歯には、できるだけ削る量を抑えつつ感染部分はしっかり取り除いた後、薬や被せ物を詰めて処置を終えます。

当クリニックでは、削る量は少なくても、一つひとつの処置を確実に行うことが、再発を防ぐためにも重要であると考えております。当クリニックの治療によって、大切な歯をお守りいたしますので、ご安心してお任せください。

3Mix法
できるだけ削らない治療「3Mix法(病巣無菌化組織修復療法)」は、大切な歯髄を守るために考案された新しい治療方法であり、できるだけ歯を削らずに細菌だけを死滅させます。これは従来の治療法と大きく違い、歯そのものの「生きる力」を活用していますので、大切な歯を守ることができます。

虫歯部分を最小限に削り、その上から3種類の抗菌剤をミックスした薬を塗ります。薬が感染の広がっている部分や神経に浸透すると、細菌が死滅して歯や神経を守ってくれます。これは歯や神経へのダメージの少ない治療といえます。

なお、治療後に薬の刺激で痛むことがあります。一次的な痛みで徐々に弱まっていきますので、痛み止めを飲んで様子をみてください。それでも痛みが治まらないときは、神経の処置が必要になる場合もありますので、必ず歯科医師にご相談ください。


トップへ » 当院の診療方針 » 痛くない虫歯治療 » できるだけ削らない治療


コールバック予約