トップへ » 当院の診療方針 » セレック治療 » 従来の治療の流れとセレック治療の流れとの違い

従来の治療の流れとセレック治療の流れとの違い

従来の治療の流れ
1.カウンセリング
2.口腔内診査・診断
3.患部の治療、古い詰め物やかぶせ物の除去
4.型取り
5.仮歯や仮の詰め物をセット ←ここまでが当日の処置です
6.仮歯や仮の詰め物を外し、修復物をセット ←後日(一週間前後)

セレック治療の流れ
1.カウンセリング
2.口腔内診査・診断
3.患部の治療、古い詰め物やかぶせ物の除去
4.口腔内スキャナーで撮影(型取り)
5.コンピューターの3D画像上で設計
6.セラミック修復物を作成
7.当日中にセラミック修復物をセット

●院長自ら、修復物を設計・製作しています
当クリニックのセレック治療は、院長が設計・製作を行っています。
外部の歯科技工士にデータを転送し、製作を依頼することもできますが、その場合にはワンデー(当日装着)とはならず、通常の治療とあまり変わらなくなってしまいます。お忙しい方や治療に時間をかけられない方にも安心して治療を受けていただくために、院長が対応しています。


トップへ » 当院の診療方針 » セレック治療 » 従来の治療の流れとセレック治療の流れとの違い


コールバック予約