トップへ » 当院の診療方針 » MTAで神経を残す治療 » MTA歯髄温存療法の流れ

MTA歯髄温存療法の流れ

う蝕検知液で虫歯だけを染めて、完全に除去する。露髄が起きた場合でも周囲に感染象牙質を残さない。
下へ

生体親和性がたかく封鎖性能良い、MTAセメントを用いて露髄部を直接封鎖します。その上にフローレジンを使用し、確実に接着封鎖する。
下へ

当日、あるいは後日型どりを行い、次回の来院時に詰め物を装着し治療が完了です。

■治療後一時的に痛むことがあります
MTA歯髄温存の直後は、虫歯を除去した際の刺激や覆髄処置の刺激によって、一時的に歯が過敏になります。冷たい物などでしみたりする場合がありますが、多くの場合経時的に軽減・消失していきます。

■治療後も痛みがひどいとき
MTA歯髄温存を行っても 処置後に症状が生じた場合や神経の生活反応が消失した場合は、通法どおり抜髄に移行する可能性があります。

■保険適用外の治療です
費用:2万5千円(税別)


トップへ » 当院の診療方針 » MTAで神経を残す治療 » MTA歯髄温存療法の流れ


コールバック予約