トップへ » 当院の診療方針 » 予防歯科(クリーニング) » 歯ブラシだけでは、歯の汚れを落としにくい!?

歯ブラシだけでは、歯の汚れを落としにくい!?

予防歯科これまで、虫歯や歯周病の原因は、歯に付着した歯垢や歯石と考えられてきました。これに対し、最近では、歯とプラークの間に存在する「バイオフィルム(成熟したプラーク)」が影響していることが明らかになっています。

歯の表面や歯と歯茎の間に汚れが溜まると、それを栄養にして細菌の固まりが付着します。これが「バイオフィルム」です。

バイオフィルムは、様々な細菌が複雑に絡み合いながら強力に結び付きます。しかも、細菌が分泌する多糖体に守られているため、歯ブラシや抗菌剤・消毒剤では取り除くことができません。こうした汚れを除去するのが、歯科衛生士が行う「PMTC」です。


トップへ » 当院の診療方針 » 予防歯科(クリーニング) » 歯ブラシだけでは、歯の汚れを落としにくい!?


コールバック予約