トップへ » 当院の診療方針 » 歯周病治療 » こんなに怖い、歯周病と身体の関係。

こんなに怖い、歯周病と身体の関係。

歯周病最近、テレビや新聞などで「歯周病と全身疾患の関係」が指摘されています。既にご存知の方も多いと思いますが、歯周病を治療せずにそのままにしておきますと、身体に悪影響を与えかねません。

では、一体、歯周病を治療しないでいると、私たちの身体にどのような影響を与え、どのようなトラブルを引き起こすのでしょうか?

◆糖尿病
血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ち、悪化すると様々な合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

◆肥満
歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因ともい言われています。また、脂肪細胞が原因で全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすくなります。

◆脳卒中
血液中の歯周病菌がアテローム性プラークを作り、それが原因で血栓が生じると、脳の血管に運ばれ、脳卒中を発症します。

◆早産/低体重児出産
低体重児は、体重が2500グラム未満で生まれる赤ちゃんを指し、未熟児ともいわれます。歯周病菌の毒素や炎症物質により母体の血液濃度が高くなり、子宮筋が収縮すると早産になる危険性が高まります。

◆誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢者の死亡原因に多い肺炎のことであり、口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで引き起こされます。高齢になると、口腔機能が低下するため、誤嚥が多く、口の中に細菌が多いと誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

聞き覚えのある病気も多いのではないでしょうか?
お口の中に問題があるだけで、ここまで身体に悪影響を及ぼしています。

歯周病は早期の予防と定期的なケアが効果的です。何歳になっても健康な歯を維持するため、歯への意識をしっかり持ちましょう。


トップへ » 当院の診療方針 » 歯周病治療 » こんなに怖い、歯周病と身体の関係。


コールバック予約