2012年10月

  • 441パーマリンク

こんにちは、マネージャーの森本です。

最近、お子様のお口の中を診てみると、虫歯だけでなく歯肉炎になっている子供が多く見受けられます。

歯肉炎の原因は、柔らかい食品や糖分を多く含んだ食品の摂取によるもの、口呼吸、歯並び、歯石の除去などの予防処置が不十分であることがあげられます

毎日の正しい歯磨きと、歯科医院できちんと定期的に歯石の除去をすることで、歯肉炎は治すこともできますし予防も可能です。

虫歯だけでなく、お子様の歯ぐきのチェックもぜひ、行ってみてください!


詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 440パーマリンク

こんにちは、マネージャーの森本です。

本日、来院された患者様の中にも風邪の方が多かったです゚(p´⌒`q)゚
咳が出てお口を開けているのも辛いはずですが、皆さんキャンセルせず来院してくださいました!

咳き込みそうになったら、器具をお口からはずしたり、お声掛けして細心の注意をはらってメンバーも治療にあたっています!

風邪の予防にぜひ、パーフェクトぺリオのうがいをおすすめします!!

ご興味のある方はパーフェクトぺリオでの、お試しうがいも出来ますのでおっしゃってくださいね。

詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 439パーマリンク

治療をする時に先生がしている、めがねに顕微鏡のレンズのようなものがついた
不思議なめがね。

治療中だとタオルをかけているから気がつかない方も多いと思いますが、
先日患者さんから「あれはなーーに?」と質問を受けました。

あれは「サージテル」(高精密度拡大鏡)と呼ばれるもので、歯を拡大して見ることが出来ます。

様々なタイプがあり、2~7倍ほどの倍率で見ることが出来ます。

高精密度拡大鏡を使用することによって、裸眼では見ることの出来ないかぶせ物の合いや、歯の細かい凹凸、 見えない神経の通った根管など様々なことが分かります。
繊細さを必要とする歯周病治療にも活躍します。

山手歯科クリニックではどんな処置をする時でも装着しています。

精度の高い治療は、使用する道具も重要なのです。

マネージャー 森本

詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 438パーマリンク

先日お休みを利用し、大阪のユニバーサルスタジオに遊びに行きました!

「ジュラッシックパーク」という恐竜映画をモチーフにしたアトラクションの近くに
ターキーレッグ(チキンの燻製)を販売するワゴンがありました。

大変、人気がありアトラクションなみの大行列でした。

その近くのベンチに腰を掛けて、50代後半~60代くらい(見た目がとても若く見えたので実際の年齢は?です)の素敵な女性がお孫さんと一緒に美味しそうにチキンを食べていました。
あのチキンをほお張れるということは、きちんと歯のメインテナンスを行っているんだなと容易に想像できました。
また、歯があることでアクティブに動くことができるから、ユニバーサルスタジオで楽しくお孫さんと遊べるのだと思いました。(・ω・)b


いつまでも若々しく健康でいるにはお口の中の健康は重要です。

気になることがあれば、いつでも相談にお越しください♪

詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 437パーマリンク

患者さんと一緒に、秋の訪れを告げる赤とんぼが入ってきてきました゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚

最近、口腔内のケアグッズ商品のCMを多く見かけるようになりました。
普段のお手入れプラスご自宅では磨ききれない場所などを歯科医院でケアを続けることで、いつまでもご自身の歯をキープすることができます。

ご自身にあったケアグッズを歯科医院でご案内できますので、気になる方は
ぜひおっしゃってください。

マネージャー 森本

詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/

Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 436パーマリンク

日が落ちるのも早くなりだいぶ涼しくなりました。

今日は7ヶ月になったお子様を連れて、治療に来てくださったお母さんがいらっしゃいました。
「下の前歯が生えてきたんです♪」
と喜んでいらっしゃいました。

むし歯の原因となる細菌は、生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。
主に母親、家族から乳幼児期に感染することがさまざまな研究から判明しています。

特に奥歯のはえだす1歳半ころから2歳半ころまでは『感染の窓』と呼ばれ、この時期に感染することが最も多いといわれています。
この時期に感染すると、生涯むし歯の原因となる菌とおつきあいしなければいけなくなることが多いようです。
 
一見大変なようですが、この時期さえ注意しておけば感染しにくいわけですから、この1年はきちんとおうちや歯科医院でケアしたいものです。

お子様の虫歯予防はお母さんが重大な鍵を握ってます!
相談できるホームドクターをぜひつくっておきましょうね。


マネージャー 森本

詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/


Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 435パーマリンク

3連休は皆さんいかがお過ごしになりましたか。

各地で運動会が開催されていましたが、お父さんは筋肉痛でお仕事がつらい方も
多いのではないでしょうか。

運動も普段のトレーニングをしていないと、後から体にダメージが残ってしまいます。
お口の中も普段の検診を行っていれば、大きなダメージを避けることが出来ます。

歯があるかないかでは、運動能力にも大きな差が出てしまいます。

来年の運動会に備えて、日々のトレーニングと歯科検診を始めてみませんか?


マネージャー 森本

詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/


Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 434パーマリンク

日本人の4割強の方が、歯周病で歯を失っています。
歯周病は全身疾患にも大きく関与していることが、最近わかってきました。

歯周病は、歯ぐきが炎症し少しずつ悪化していく病気です。
歯垢(プラーク)の中の悪性の細菌は空気を嫌い、歯周ポケット(歯と歯肉の間)の奥のほうへ入りこみ歯周ポケットを深くしていきます。
細菌の活動が活発になるにつれてさらにポケットが深くなり、最終的には歯が抜けてしまうのです。

歯科医院でお口の検査をする時に、先生が数字を言っていることがありますよね。
あれは歯周ポケットの深さを測っています。

健康な方だと1~2mm位ですが、歯周病が進行していくとどんどん深くなり数値も大きくなります。数値が大きくなると歯を支える骨も破壊してしまうので歯はグラグラになってしまいます。

歯を磨くと歯ぐきから血が出るなどが、歯周病へのサインです!

気になったらすぐに歯科医院でチェックしましょう!!

マネージャー 森本

詳しい治療内容はこちらから
http://www.yamateshika.com/


Google +1
このエントリーをはてなブックマークに追加