カテゴリー1

医院ブログ

戸越公園(品川区)の歯科・歯医者なら山手歯科クリニック戸越公園

インプラントと天然歯の違いとは?

 

 

山手歯科クリニック戸越公園です。
本日は「インプラントと天然歯の違い」についてお話しします。

 

 

・インプラントの概要

インプラントは言わば「人工歯根」であり、失った歯の代わりとして使います。

アゴの骨にインプラント体を埋め込み、歯根として利用することになります。
その上に人工歯(セラミッククラウン等)をつけて噛む機能を回復させます。

 

入れ歯と比べると圧倒的に噛む力が強くなりますし、審美的にも優れています。

ただ、そのインプラントも人間の自然の歯(天然歯)には勝てない部分が多いです。

では、インプラントと自然の歯を比べてみましょう。

 

 

・歯根膜について

自然の歯には「歯根膜」と呼ばれる非常に薄い膜がついており、噛んだ際の衝撃をかなりキャッチしてくれます。

一方、インプラントには歯根膜が存在しませんから、噛んだときのダメージがそのままアゴの骨に伝達してしまいます。

 

ですから噛み合わせをきちんと考慮した調整をした上でインプラント治療を行う必要があります。

そうでないと、アゴの骨への負担が大きくなりすぎてしまう可能性があります。

 

※同じインプラント治療でも、歯医者によって技術力に差があります。ですからきちんと実績を積んでいる歯科医院でインプラント治療を受けることをおすすめします。

 

 

・血液の供給について

歯根膜には血管があり、この歯根膜と歯槽骨と歯肉から血液が送られてきます。

よって歯周病菌などの影響で炎症が発生しても、血中の白血球が悪化を食い止めてくれます。

 

ですがインプラントには歯根膜が存在せず、そのぶん血液の供給量が少なくなり、自然の歯よりも抵抗力が低くなりますから、炎症(インプラント周囲炎)などのリスクが高くなってしまいます。

やはり「血がきちんと送られること」は人体において非常に重要なことなのです。

 

 

・細菌の侵入について

インプラントに関しては、歯肉とインプラントの間に細菌が侵入しやすいです。

一方、自然の歯については細菌が入り込みにくい造りになっています。

 

 

・自然の歯に勝てないからこそ正しくメンテナンスをしましょう

どれほど良質なインプラントでも自然の歯には劣ります。ですからインプラント治療を行った場合は、ドクターの指示に従って、丁寧にメンテナンスをしましょう。

インプラントの寿命を長くするためにも、定期的な通院をすることも大事です。

 

また、自然の歯を守ることももちろん重要です。

そのための基本は「適切な歯磨きをすること」ですから、一度歯科医院でブラッシングの指導を受けてみてはいかがでしょうか。

「正しい方法で歯磨きを行えている人」は意外と少ないものです。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「戸越公園駅」から徒歩1分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック戸越公園』
東京都品川区戸越5丁目10−18
TEL:03-5751-6480


マウスピース型矯正の失敗例とは?

 

山手歯科クリニック戸越公園です。
本日はマウスピース型矯正の失敗例についてお話しします。

 

マウスピース矯正(インビザライン矯正)の失敗として多いものは6種類あります。

(あくまで失敗例のうちはこのようなものが多いということであり、歯科矯正業界においてこのような失敗が頻繁に発生しているということではありません)

 

1:歯根の露出

矯正力が強すぎると、歯根が露出してしまう可能性があります。矯正期間を短くしようとして無謀な治療プランを作ってしまうと、この失敗をする恐れがあります。

 

2:むしろ歯並びが悪化する

マウスピース矯正に失敗すると、むしろ歯並びが悪くなってしまうケースがあります。
よくある失敗としては、「下の歯と上の歯の中央部分が正中(口の中央)からズレる」というものです。マウスピースの調整の精度が低いと、このようなトラブルが起きやすいです。

 

3:噛み合わせが悪くなる

「見た目は良くなっても、噛み合わせがおかしくなる」というケースも少なくありません。普通は見た目が改善されれば噛み合わせも正常になるものですが、マウスピースの調整の精度が低かったり、治療プランに問題があったりすると、このような失敗をしてしまう恐れがあります。

 

4:歯周病や虫歯が発生する

マウスピース矯正を進めていく中で歯周病や虫歯が発生するケースもあります。
ワイヤー矯正とは違ってマウスピース矯正では矯正装置(マウスピース)を脱着可能ですが、マウスピースを外さずに飲食をしたり、マウスピースの衛生に問題があったりすると、歯周病や虫歯のリスクが上がります。

マウスピースを定期的に取って、キレイな状態を維持しましょう。そうすることで歯周病や虫歯を回避することができます。

このようにマウスピース矯正を滞りなく成功させるためには、患者様本人のご協力が必要不可欠である部分も少なくありません。

 

5:歯を削りすぎた

インビザライン矯正では、「歯が移動するための空間」を作るために、歯を削る場合があります。これも当然きちんとプランを立てて緻密に行うのですが、精度が低いと歯を削りすぎてしまう恐れがあります。

すると削りすぎた分のスキマを埋めるために、当初の予定を超えた時間を要するケースがあるのです。

 

6:抜歯によりできたスペースに歯が倒れる

矯正治療をするにあたって歯を抜くこともあります。そして歯を抜いたことによりできた空間へと、歯が並行移動していくことになります。
ですがやり方を間違えると、そこに歯が異常な倒れ込み方をする恐れがあります。するとマウスピースではその歯を矯正できなくなり、治療が完了するまでの期間が長引くことになるかもしれません。

 

少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「戸越公園駅」から徒歩1分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック戸越公園』
東京都品川区戸越5丁目10−18
TEL:03-5751-6480


マウスピース型矯正治療とは?

 

山手歯科クリニック戸越公園です。
本日はマウスピース型矯正治療についてお話しします。

 

『マウスピース型矯正治療の概要』

歯科矯正には大別して3タイプがあります。それはマウスピース型矯正、セラミック矯正、ワイヤー矯正です。

ワイヤー矯正と比較してマウスピース型矯正は目立ちにくいです(透明であるため)。自分から矯正をしていると言い出さない限り、他人の目の前で大きな口を開けてもほぼ分からないくらいです。

また、ワイヤー矯正とは違い、マウスピース矯正であれば装置の脱着ができますし、金属アレルギーのリスクもありません。

通常のマウスピース矯正では、2週間~4週間に1回ほどマウスピースを交換して矯正を進めていきます。歯の矯正の進行度によって、マウスピースを替えていくのです。
そのため、「マウスピースのクオリティ=歯科技工士の実力」が矯正の効果に大きく影響することになります。

マウスピース矯正の主流であるインビザライン矯正では、米国のアラインテクノロジーが作っている「マウスピースタイプのカスタムメイド矯正装置」を使います。インビザライン矯正で歯型を採取するのは初回の1回のみであり、これも一般的なマウスピース矯正とは違う部分です。

インビザライン矯正でははじめに採取した歯型を立体的にデジタル化し、「完了までの治療プラン」を練ります。世界中の臨床データをベースにマウスピースを作りますから、緻密で高精度な治療をすることができるのです。

さらに通院ペースは2~3か月に1度ほどであり、これも他の矯正形式よりも少ないです。

 

『マウスピース型矯正治療の失敗として多いものとは?』

マウスピース矯正には、他の矯正形式にはない色々なメリットがあります。具体的には脱着できること、目立たないこと、痛みが小さいことなどを挙げることができます。

ただ、そんなマウスピース型矯正治療でも失敗することがあります。

そこで次回、マウスピース型矯正治療のうちでも主流である「インビザライン矯正」をメインとして、主な失敗例やその対策方法を紹介していきます。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「戸越公園駅」から徒歩1分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック戸越公園』
東京都品川区戸越5丁目10−18
TEL:03-5751-6480


自由診療のメリット・デメリット

 

山手歯科クリニック戸越公園です。
本日は自由診療のメリット・デメリットについてお話しします。

 

『自由診療のメリット』

先述の通り、保険診療は原則として「必要最低限の治療」でしかありません。ですが、自由診療であれば「コンプレックスを解消する治療」「審美的な治療」などもできます。

そして実は「虫歯などの病気を予防する施術」も基本的に自由診療です。
歯や口の健康を守るためには、いわゆる「予防歯科」が大事と言えますが、その治療には保険は効かないということです。

また、自由診療であれば、患者本人の希望に沿う診療メニューを作ることができますし、日本国内で認可されていない最新テクノロジーや薬品などを使うことも可能です。

さらに自由診療の場合、病院側がサービスや価格を好きに決めることができますから、いわゆる「競争原理」が働き、医療の質の底上げが望めます。

逆に言えば保険診療に関しては、「どのように治療しても報酬は同じ」という理由で、治療の質が下がってしまう可能性もあります。

 

 

『自由診療のデメリット』

自由診療の最大のデメリットは、やはり治療費が高くなることです。
また、「治療費が高いこと自体」だけでなく、「経済状況によって、選べる治療方法に差が出る」という事も問題の一つと言えるかもしれません。

特に継続的なケアが欠かせない治療については、経済的な負担がかなり大きくなっていきます。また、「一回ごとの治療費は比較的安くても、完了するまでに時間がかかり、結果的にかなりの負担になる」ということもあり得ます。
それに「完了の所要期間」が事前に確実に分かるとは限りません。

それから、医院によって治療完了後の保証があるかどうかも違いますから、事前にきちんと確認しておきましょう。場合によっては「自由診療を受けるつもりだったものの意外とお金がかかるため、保険診療を選ばざるを得なくなる」という可能性もあります。

そして、「自由に価格を設定できる」という事を良いことに、金額を無意味に高めに設定している医療機関もないわけではないので注意が必要です。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「戸越公園駅」から徒歩1分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック戸越公園』
東京都品川区戸越5丁目10−18
TEL:03-5751-6480


インプラントの利点・欠点とは?

 

山手歯科クリニック戸越公園です。
本日はインプラントの利点・欠点についてお話しします。

 

インプラントは、歯を抜いた場所の歯茎に「インプラント」というネジを埋めて、そこに人工歯をつける手法です。

インプラントは寿命が長く、安定性にも優れており、違和感もほぼありません。自然の歯とほとんど同じ使い心地であると言えます。

ただ、保険が利きませんから高額医療費制度などを使って、できる限り出費を少なくすることをおすすめします。
また、高品質な手術ができるクリニックを厳選することも大事になります。

 

『なぜインプラントがおすすめなのか?』

・アゴの骨の「痩せ」を防止できる

ブリッジや入れ歯は、表面に出ている歯の箇所にだけ人工歯を被せる手法ですから、骨にダイレクトに作用するわけではありません。そのため徐々にアゴの骨が痩せていくかもしれません。そしてフェイスラインも崩れていく恐れがあります。

一方、インプラントはアゴの骨に直接埋め込みますから、骨の「痩せ」を防ぐことができます。

 

・噛む力を保つことができる

インプラントでは人工歯根を骨に埋め込みますから、違和感が出たり義歯がズレたりする可能性は非常に低いです。

自然の歯とほぼ同じ感覚(力)で噛むことができますから、今までと同じように食事をすることが叶います。そして、きちんと噛むことで脳の健康を保つこともできるため、健康寿命を延ばしたり認知症をケアしたりすることにもつながります。

 

・他の歯に負荷をかけない

ブリッジや入れ歯とは異なり、「歯を失った箇所」だけで完結しますから、他の歯に負担がかかることはありません。そのため、口内全体の健康を保つことにつながります。

 

 

『まとめ』

色々な形式の治療法があります。メリットとデメリット、それからリスクを確認しつつ、あなた自身に合った手法を選択しましょう。
歯は一生使っていくものですから、あまり時間やお金を惜しまないことをおすすめします。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「戸越公園駅」から徒歩1分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック戸越公園』
東京都品川区戸越5丁目10−18
TEL:03-5751-6480