戸越公園(品川区)の歯科・歯医者なら山手歯科クリニック戸越公園

 

山手歯科クリニック戸越公園です。
本日は矯正治療の対象となる不正咬合についてお話しします。

 

『受け口(下顎前突・反対咬合)』
受け口とは、下の前歯や下顎全体が前に突出している状態のことです。
横から見た際にしゃくれた見た目になってしまうことから、コンプレックスを抱える人も多い歯並びです。
反対咬合は、下顎の骨格のバランスが悪いことや前歯の生える角度に原因があることが多いです。

 

『過蓋咬合』
上顎の前歯や下顎の前歯を覆い隠し、下顎の前歯がほとんど見えないほど深い咬み合わせになってしまっている状態のことです。
噛む際に下顎の前歯が上顎の歯茎に当たるなど、歯茎への悪影響も及ぼします。

 

『開咬』
歯を咬み合わせた時に、前歯のみ隙間ができて噛み合わない状態のことです。
奥歯は咬み合うこの状態は、口呼吸の習慣や舌の癖によって引き起こされることが多く、奥歯の負担が大きくなってしまいます。
結果、歯や顎の骨を痛めるリスクが高まってしまいます。

 

『空隙歯列・正中離開』
空隙歯列・正中離開は、いわゆる”すきっ歯”のことです。
歯と歯の間に常に隙間がある状態は、息が漏れ出るため、発音が上手くいかなくなることもあります。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「戸越公園駅」から徒歩1分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック戸越公園』
東京都品川区戸越5丁目10−18
TEL:03-5751-6480

 

関連する記事

  • マウスピース型矯正の失敗例とは?2022年5月22日 マウスピース型矯正の失敗例とは?   山手歯科クリニック戸越公園です。 本日はマウスピース型矯正の失敗例についてお話しします。 & […]
  • 歯が動く仕組みとは?2022年2月11日 歯が動く仕組みとは?   山手歯科クリニック戸越公園です。 「歯はアゴに埋まっているにも関わらず、なぜ歯が動くのでしょう […]
  • 咀嚼の10個の役割①2022年7月4日 咀嚼の10個の役割①   山手歯科クリニック戸越公園です。 健康をキープするためには咀嚼力が非常に重要です。 そして歯 […]