インプラントと天然歯の違いとは?

医院ブログ

戸越公園(品川区)の歯科・歯医者なら山手歯科クリニック戸越公園

インプラントと天然歯の違いとは?

 

 

山手歯科クリニック戸越公園です。
本日は「インプラントと天然歯の違い」についてお話しします。

 

 

・インプラントの概要

インプラントは言わば「人工歯根」であり、失った歯の代わりとして使います。

アゴの骨にインプラント体を埋め込み、歯根として利用することになります。
その上に人工歯(セラミッククラウン等)をつけて噛む機能を回復させます。

 

入れ歯と比べると圧倒的に噛む力が強くなりますし、審美的にも優れています。

ただ、そのインプラントも人間の自然の歯(天然歯)には勝てない部分が多いです。

では、インプラントと自然の歯を比べてみましょう。

 

 

・歯根膜について

自然の歯には「歯根膜」と呼ばれる非常に薄い膜がついており、噛んだ際の衝撃をかなりキャッチしてくれます。

一方、インプラントには歯根膜が存在しませんから、噛んだときのダメージがそのままアゴの骨に伝達してしまいます。

 

ですから噛み合わせをきちんと考慮した調整をした上でインプラント治療を行う必要があります。

そうでないと、アゴの骨への負担が大きくなりすぎてしまう可能性があります。

 

※同じインプラント治療でも、歯医者によって技術力に差があります。ですからきちんと実績を積んでいる歯科医院でインプラント治療を受けることをおすすめします。

 

 

・血液の供給について

歯根膜には血管があり、この歯根膜と歯槽骨と歯肉から血液が送られてきます。

よって歯周病菌などの影響で炎症が発生しても、血中の白血球が悪化を食い止めてくれます。

 

ですがインプラントには歯根膜が存在せず、そのぶん血液の供給量が少なくなり、自然の歯よりも抵抗力が低くなりますから、炎症(インプラント周囲炎)などのリスクが高くなってしまいます。

やはり「血がきちんと送られること」は人体において非常に重要なことなのです。

 

 

・細菌の侵入について

インプラントに関しては、歯肉とインプラントの間に細菌が侵入しやすいです。

一方、自然の歯については細菌が入り込みにくい造りになっています。

 

 

・自然の歯に勝てないからこそ正しくメンテナンスをしましょう

どれほど良質なインプラントでも自然の歯には劣ります。ですからインプラント治療を行った場合は、ドクターの指示に従って、丁寧にメンテナンスをしましょう。

インプラントの寿命を長くするためにも、定期的な通院をすることも大事です。

 

また、自然の歯を守ることももちろん重要です。

そのための基本は「適切な歯磨きをすること」ですから、一度歯科医院でブラッシングの指導を受けてみてはいかがでしょうか。

「正しい方法で歯磨きを行えている人」は意外と少ないものです。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「戸越公園駅」から徒歩1分にある歯医者・歯科
『山手歯科クリニック戸越公園』
東京都品川区戸越5丁目10−18
TEL:03-5751-6480

関連する記事

  • 2021年12月11日   山手歯科クリニック戸越公園です。 本日は矯正治療の対象となる不正咬合についてお話しします。 […]
  • 歯の生え変わり(乳歯→永久歯)について2022年6月20日 歯の生え変わり(乳歯→永久歯)について   山手歯科クリニック戸越公園です。 本日は「歯の生え変わり(乳歯→永久歯)」についてお話ししますね。 […]
  • 豆知識編~歯の構造~2021年7月11日 豆知識編~歯の構造~     山手歯科クリニック戸越公園です。 本日は歯の構造ついてお話しします。 & […]