トップへ » 当院の診療方針 » 痛くない虫歯治療

できるだけ痛くない治療

治療中の痛みは、誰でも嫌なものです。当クリニックでは、万全の痛み対策を行っておりますので、痛みに敏感な方でもご安心して治療を受けていただけます。

できるだけ痛くない治療

治療前の麻酔注射はもちろんのこと、麻酔のための表面麻酔や電動麻酔器、温めた麻酔液を使用し、できるだけ痛みを与えない工夫を行っております。

また、麻酔針を刺す角度や麻酔液を注入するときのスピードまで、細かい部分に気を配っております。針を刺すときのチクっとした痛みや、薬が入るときの不快感がほとんどありません。お子さまからご年配の方まで、ご安心して治療を受けていただけます。

できるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療これまでの虫歯治療では、感染した部分を大きく削り、薬を詰める治療が行われてきました。また、深い虫歯になりますと、神経にも感染している可能性があるため、神経を取り除かなければなりませんでした。

当クリニックでは、できるだけ削らない治療を基本としております。大きめの虫歯には、できるだけ削る量を抑えつつ感染部分はしっかり取り除いた後、薬や被せ物を詰めて処置を終えます。

当クリニックでは、削る量は少なくても、一つひとつの処置を確実に行うことが、再発を防ぐためにも重要であると考えております。当クリニックの治療によって、大切な歯をお守りいたしますので、ご安心してお任せください。

3Mix法
できるだけ削らない治療「3Mix法(病巣無菌化組織修復療法)」は、大切な歯髄を守るために考案された新しい治療方法であり、できるだけ歯を削らずに細菌だけを死滅させます。これは従来の治療法と大きく違い、歯そのものの「生きる力」を活用していますので、大切な歯を守ることができます。

虫歯部分を最小限に削り、その上から3種類の抗菌剤をミックスした薬を塗ります。薬が感染の広がっている部分や神経に浸透すると、細菌が死滅して歯や神経を守ってくれます。これは歯や神経へのダメージの少ない治療といえます。

なお、治療後に薬の刺激で痛むことがあります。一次的な痛みで徐々に弱まっていきますので、痛み止めを飲んで様子をみてください。それでも痛みが治まらないときは、神経の処置が必要になる場合もありますので、必ず歯科医師にご相談ください。

虫歯の進行

歯の状態によって、虫歯の進行具合を段階に分けることができます。虫歯は気がつかない間に進行してしまうため、痛くなってからでは手遅れです。定期的に歯の健康診断を受けて虫歯の早期発見・早期治療を心がけましょう。

虫歯の進行◆Co(初期虫歯)
エナメル質の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態です。見た目ではほとんど分かりづらい虫歯の初期状態です。この段階でしたら、歯磨きや歯医者さんで行うフッ素塗布で再石灰化が期待できます。

虫歯の進行◆C1(エナメル質う触)
エナメル質内に細菌が進入して穴が開いた状態です。この段階では、再石灰化はほとんど期待できません。また、痛みを伴う自覚症状はほとんどありませんので、早期に治療することで進行を食い止めることができます。

虫歯の進行◆C2(象牙質う触)
象牙質まで細菌が進入した状態です。象牙質はエナメル質よりも虫歯が進行しやすいため、C2になると虫歯の進行は一段と早くなります。レジン充填やインレーなどを使った治療が行われます。

虫歯の進行◆C3(神経まで達したう触)
歯髄まで細菌が進入した状態です。歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると、歯髄炎を起こして激しい痛みを伴います。この段階になると歯髄(神経)を取り除き、根の中をキレイに殺菌してから被せ物を入れます。

虫歯の進行◆C4(残根状態)
歯の根だけが残る末期症状です。歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなります。それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけです。さらに放置すると、歯の根の先から歯根膜に炎症が起き、硬い物を噛むと痛みや違和感を伴うようになります。

◆根尖病巣
骨の中まで細菌が進入し、根の先に細菌と膿が溜まっている状態です。噛んだときの違和感や痛みが出る場合もあります。

通常、あまり症状はありませんが、免疫力が弱まると、膿の量が増えて痛みが出る場合もあります。症状がある場合や根尖病巣が大きい場合は、根の治療を行います。

しかし、一度、根の先に細菌が侵入すると、再発の可能性も高く、放置すると稀に喉や骨、骨の中の神経、脳に細菌が進入して炎症を起こす可能性があります。

虫歯の予防法

虫歯の予防法砂糖は細菌の大好物です。細菌は砂糖を分解し、酸を発生させます。この酸が歯を溶かして虫歯を作ります。

虫歯を防ぐ上で最も効果的な方法が食後の歯磨きです。ガムや殺菌洗口剤を使えば、さらに予防効果が高まります。

ガムを活用した予防方法
●代用甘味料
代用甘味料とは、砂糖の構造が複雑で細菌に分解できないようにしたものです。主に、キシリトールやステビアなどがあります。中でも、キシリトールの細菌の活動を抑える働きは注目されています。

●アパタイトやカルシウム
アパタイトとは、エナメル質の大部分を作っている成分のことであり、歯の再石灰化を促してくれます。ただし、再石灰化効果は初期の虫歯にしか期待できません。

●キシリトール
キシリトールに含まれるリカルデント成分は、初期虫歯の脱灰を修復して、再石灰化を促してくれます。リカルデント配合のガムは、「虫歯になりにくい食品」として効果が認められ、厚生労働省より特定保健用食品に認定されました。1日4回、食後に20分間噛むと効果的であるといわれています。
※時間や回数はあくまでも目安です。

殺菌洗口剤を活用した予防
虫歯とは、細菌による感染症です。殺菌洗口剤を効果的に使用することによって、細菌の数を減らし、虫歯を予防することができます。歯を磨いた後に殺菌洗口剤で口をゆすぐと効果的です。ただし、プラークコントロールができなければ効果はほとんどありません。

殺菌洗口剤には様々な種類があり、配合成分や効果が異なりますので、正しく知って上手に使い分けましょう。

配合成分と予防効果は次の通りです。
・トラネキサム酸:炎症を抑える
・塩化セシルピリジウム:細菌の殺菌
・クロルヘキシジン:細菌の殺菌とプラークの抑制
・フッ素 :歯質の強化

パーフェクトぺリオウォーター●パーフェクトぺリオウォーター
お口の中の歯周病原菌を殺菌する優れた機能水です。体内の免疫成分と同じ成分ですので、高齢の方から妊婦さん・お子さまなど幅広い方へ副作用の心配なく使用できます。効果的な使用法は、ブラッシングで汚れを落とした後、パーフェクトぺリオを適量お口に含み、そのまま10秒間ブクブクうがいをすると細菌が溶菌します。

関連ページリンク

arrow当院の診療方針
痛くない虫歯治療小児歯科審美歯科
予防歯科(クリーニング)歯周病治療インプラント入れ歯
大人の矯正・子供の矯正治療の流れよくあるご質問料金表医療費控除

arrowドクター紹介・経歴
初めての方へ最新の院内設備院内ツアー
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

初診予約・歯についてのご相談を受け付けております。

初診予約・歯についてのご相談を受け付けております。
このページのトップへ

トップへ » 当院の診療方針 » 痛くない虫歯治療


コールバック予約