トップへ » 当院の診療方針 » 大人の矯正・子供の矯正

大人の矯正・子供の矯正

矯正治療を受けていただく場合は、当然患者さまとの長いお付き合いになります。そのため、患者さまにはご自身のお口のお手入れをより丁寧に行っていただく必要がございます。

大人の矯正・子供の矯正

また、矯正用の様々な器具類が歯の表面にくっつき、話しづらい、食べづらい、口内炎ができたなど、初めの内は気になることが多いかと思いますが、必ず慣れていきますのでご安心ください。

本当に大切なことは「キレイになりたい!」という気持ちと、お口の中をいつもより少し丁寧にお手入れする手間と時間を惜しまないということです。

矯正治療で、あなたのすばらしい未来を手に入れてください。

大人の矯正
子供の矯正

 

【大人の矯正】治したいと思ったときが矯正治療のチャンス

矯正治療「大人になってからでも矯正治療はできますか?」
矯正治療のカウンセリングをしていますと、このような質問を多く受けます。

矯正治療を始める時期に決まりはありません。大人になってからでも治療はできます。「矯正治療を受けたい」と思ったときが、その方にとっての絶好のタイミングです。

大人の矯正のメリットの一つに、歯やあごの成長が既に止まっているため、治療計画が立てやすく、比較的スムーズに治療が進められることがあります。

当クリニックでは、きめ細かなカウンセリングと治療計画を立て、美しい歯並びと正しい噛み合わせを取り戻せるように導いていきます。

整った歯並びとバランスの取れた噛み合わせは、何ものにも代えがたい一生の財産です。できるだけ患者さまのご要望に合せた矯正治療を心がけておりますので、歯並びや噛み合わせが気になる方は、まずは一度、お気軽にご相談ください。

矯正で美しい歯並びと口元を手に入れる。

矯正治療見た目が気になり、矯正歯科治療を始める方は、意外と多いようです。歯並びが悪いため、お口元が気になって、手で隠してしまったり、コンプレックスから消極的になってしまったり、何とかしたいという思いがとても強いようです。

治療を受ければ、美しい歯並びを手に入れられることはもちろん、歯が正しく並ぶことで、「キリッ」と引き締まったお口元を手に入れることができます。

例えば、歯を引っ込めたり、正しい位置に導くことによって、あごを細くしたり、鼻を高く見せることもできます。「出っ張ったあごが気になる。」「口元の突出感がずっとコンプレックスになっている。」という方は、ぜひ一度、当クリニックまでご相談ください。

噛み合わせを改善し、全身機能を向上。

矯正治療上と下の歯がキッチリ噛み合わないと食べ物がよく噛めないため、胃や腸の負担が大きくなってしまいます。また、歯列の乱れ(不正咬合)は、発音やあご、お顔の成長に悪影響を及ぼすだけでなく、あごの関節や筋肉にも影響を与えることがあります。それにより、肩こりや頭痛などの原因となったり、姿勢が悪くなることもあります。

矯正治療は、歯並びを整えて噛む機能を回復することにより、虫歯や歯肉炎・歯周病を防ぎ、歯の寿命を延ばします。近年、しっかりと噛めることにより、脳への血流が良くなり、記憶力が向上したり、瞬発力が高まることもわかってきました。

【ワイヤー矯正装置】目立たないセラミック・ブラケット

矯正治療従来の金属製のブラケット(歯に取り付ける矯正装置)に加え、メタル部にセラミックを使用した目立たない矯正装置です。

この装着は白いセラミックでできていますので、目立ちにくく、白い歯に良く馴染みます。耐久性にも優れており、割れたり欠けたりすることがほとんどありません。

メタルブラケットに比べ、費用はやや割高になりますが、治療期間はほとんど変わりません。

【クリアアライナー】透明で見えない矯正装置

矯正治療取り外しができる"マウスピース型"の矯正装置です。透明で目立たず、歯を傷つけることがありません。定期的に新しいマウスピースと交換し、少しずつ歯を移動させていきますので、効率良く歯を動かすことができます。

比較的、軽度の不正歯列の方に適しており、症例によってはクリアブラケットを併用することもあります。

 

【子供の矯正】

矯正治療「歯が噛み合わず、口を閉じたときに半開きになってしまう。」
「上の前歯が飛び出ていて気になる。」
このように、お子さまの歯並びでお悩みの方はいらっしゃいませんか?

悪い歯並びや噛み合わせをそのままにしておきますと、お子さまの将来に沢山のリスクが伴う可能性があります。お子さまの健やかな成長のためにも、治療の効果の高い子ども時代に矯正歯科治療を受けることをおすすめいたします。

子供の矯正を始めるタイミングとは?

矯正治療一般的には6歳から7歳、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期にあごの変形が強いケースなどでは、幼児の内に一度ご来院をおすすめしております。理想は、成長上にアンバランスの芽が出始めた頃から何らかの対策を講じた方が良いといえるでしょう。

しかし、顔が一人ひとり異なるように、歯やあご、そして心の成長はお子さまによって千差万別です。早い時期に矯正を始めた方が良いお子さまもいれば、実際にはしばらく成長を待ってから始めた方が良いお子さまもいらっしゃいます。

ただ、一ついえることは、骨格の不調和をそのままにしておきますと、5年後・10年後には不調和がさらに大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。もし、お子さまの歯並びが気になるようでしたら、なるべく早めに歯科医師に尋ねてみることをおすすめいたします。

子供の矯正の流れを教えてください。

矯正治療お子さまの矯正治療の場合は、初めからワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく分けて、二つのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療
この時期は、永久歯の萌出するスペースを作ったり、歯並びやあごの成長に悪影響を及ぼす噛み合わせの改善を行い、順調なあごの成長や歯の生え変わりを誘導していきます。第1治療期が上手くいきますと、第2治療期では永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高まります。

ステップ2/第2期治療
ワイヤー矯正をいたします。上下全ての歯にブラケットを装着し、歯のねじれや歯並びを整えて完全な噛み合わせに仕上げます。※初診時に永久歯が生え揃っている方は、第2期治療からとなります。

治療の流れ

矯正治療STEP1 カウンセリング
初回は、資料がありませんので、簡単なカウンセリングを受けていただきます。また、矯正治療の一般的なお話、患者さまのご心配なことや疑問にお答えいたします。
下へ

STEP2 検査
顔写真・歯の写真やレントゲン写真・歯型などの資料取りをさせていただきます。
下へ

STEP3 診断(治療方針の決定)
治療にかかる期間や、治療後のイメージ、具体的な治療方法などをご説明いたします。

関連ページリンク

arrow当院の診療方針
痛くない虫歯治療小児歯科審美歯科
予防歯科(クリーニング)歯周病治療インプラント入れ歯
大人の矯正・子供の矯正治療の流れよくあるご質問料金表医療費控除

arrowドクター紹介・経歴
初めての方へ最新の院内設備院内ツアー
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

初診予約・歯についてのご相談を受け付けております。

初診予約・歯についてのご相談を受け付けております。
このページのトップへ

トップへ » 当院の診療方針 » 大人の矯正・子供の矯正


コールバック予約